早漏の原因、包茎

早漏の最も大きな原因は包茎、でも治せば解決する

包茎とは勃起しているときは亀頭が露出していて、通常時は包皮が覆い被さっているペニスのことを言い、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の3種類に分けられます。

 

仮性包茎は軽度から重度のものまであり、被っている皮を剥いても痛みはありませんしいつでも剥くことができます。

 

また、勃起することによって軽度の場合は自然に皮が剥けますが、重度の場合は完全に剥けきらないこともあります。

 

それに、皮を剥いても締め付ける感じがなく、亀頭をスムーズに露出させることができます。

 

カントン包茎は亀頭に皮が被っており、包皮口が狭いので亀頭を露出するために皮を剥くと亀頭の付け根あたりが締め付けられてします。

 

また、無理にむくと包皮が戻らなくなってしまうこともあり、最悪の場合は緊急手術を受けることになりますので注意が必要です。

 

真性包茎は通常時でも勃起時でも包皮を剥いて亀頭を露出させることができません。

 

日常生活や性生活に大きな影響を及ぼすため、早めの手術が勧められています。

 

 

包茎の問題点

 

包茎の問題点はいくつかあり、特に深刻となるのが病気や早漏などの問題です。

 

包茎によって早漏になってしまうのは亀頭の感度が上がってしまうからです。

 

包茎は亀頭に包皮が覆い被さっていますので、普段は下着の擦れなどの刺激を受けることがありません。

 

勃起時に包皮が剥けると敏感になっている亀頭は過剰な快感を得てしまい、少しの刺激でも射精してしまいます。

 

特にセックスの時は亀頭が膣壁で刺激を受けてしまうため早漏になりやすくなります。

 

病気の問題は恥垢によるものとなっており、閉鎖性乾燥性亀頭炎や淋病性尿道炎、陰茎がんになってしまうことがあります。

 

この病気の原因となるのは亀頭と包皮の間に溜まった恥垢です。

 

亀頭に包皮が常に被っていることによって蒸れが生じ、恥垢が溜まって雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

そうすると雑菌が尿道口から侵入して病気を引き起こしてしまうのです。

 

さらに、雑菌が溜まっているペニスでセックスすると、その雑菌が原因になってパートナーも病気になる可能性もあります。

 

包茎 デメリット

 

この他には悪臭や成長不足、痛みや恥ずかしさなどの問題点があります。

 

亀頭に包皮が被っていると、その包皮が亀頭の成長を妨げてしまい先細りになりやすくなります。

 

先細りは包茎の典型的な現象ですので一目で分かってしまいますし、パートナーがセックスで満足できなくなる可能性もあります。

 

悪臭は恥垢が酸化することによって発生し、鼻をつくような強烈なニオイを発生させますので、自分は勿論のことパートナーもすごく不快になってしまいます。

 

痛みというのは陰毛が包皮に絡まってしまうことです。

 

これは仮性包茎によくみられることで、包皮が元に戻るときに陰毛を引っ張ってしまうことで痛みが生じます。

 

場合によっては包皮や亀頭を傷つけてしまうこともあります。

 

それと、銭湯や温泉などに行って包茎を見られると恥ずかしいですし、セックスの時に皮が被っているのを女性に見られても恥ずかしいです。

 

女性の多くは包茎の悪臭や不潔さを嫌いますので、恥ずかしい思いや嫌われないためにも早く改善したほうが良いと言えます。

 

 

包茎は手術で簡単に治ります

 

様々な問題を引き起こす包茎は手術を受けることによって治すことができます。

 

手術といっても入院するような大掛かりなものではなく、日帰りで受けられる簡単な手術です。

 

包茎手術

 

手術時間は麻酔の時間を入れても1時間もあれば終わってしまいますし、傷跡が目立たないようになっていますので、包茎手術を受けたことを知られることもありません。

 

また、年齢に関係なく受けることができ、若いうちに包茎手術を受けることによって亀頭が成長し、亀頭が大きくて見栄えの良いペニスに成長させることができます。

 

それに、亀頭が常に露出される状態になりますので、外部からの刺激に強くなって早漏になる可能性が低くなります。

 

誰に見られても恥ずかしくありませんので、銭湯や温泉でも堂々としていられます。

 

このように様々なメリットがありますので包茎や早漏などで悩んでいる人は手術を受けたほうが良いでしょう。

 

 

包茎手術をしてはいけない??

 

包茎は何ひとつ良いことがありませんので少しでも早く治した方が良いのですが、なかには包茎手術をしてはいけないと思っている人もいるでしょう。

 

結論から言いますと包茎手術をしてはいけないということはありません。

 

受けるべきと言えます。

 

包茎のまま放っておくと自分だけでなくパートナーも病気になる可能性がありますし、包茎による早漏によってセックスで満足させることができません。

 

それに、常に不衛生ですので悪臭や恥垢を発生させてしまいます。

 

こうしたことがありますので包茎は手術を受けて治した方が良いのです。

 

手術以外の方法で器具を使用する方法などがありますが、そうした方法は完全に治すことができません。

 

しかし、包茎手術は確実に包茎を治すことができます。

 

ですので、包茎で悩んでいる人は手術で治してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの包茎手術クリニックは、

 

上野クリニック=包茎治療なら【上野クリニック】

 

ABCクリニック=亀頭増大,早漏,包茎の手術や治療はトリプルA!

 

包茎手術の美しさ口コミNo1クリニック!