いくのが早い男の理由、どうすればコントロール出来るか?

いくのが早い男の理由、どうすればコントロール出来るか?

パートナーとのセックスで重要なことといえば、どれだけ満足させられるかということでしょう。

 

長い時間セックスできれば、パートナーは満足しやすくなりますので、まずは15分くらいは頑張るようにしなければいけません。

 

とは言っても、いくのが早い早漏男はあっという間に射精してしまいますので15分なんていう長時間は厳しいかもしれません。

 

しかし、射精をコントロールできるようになれば長時間も可能となります。

 

早漏コントロール パートナー

 

では、どうすればコントロールできるのでしょうか?

 

それは、オナニーでトレーニングすることです。

 

スタート・ストップ法というコントロールトレーニングがあり、絶頂寸前までオナニーし、射精寸前で刺激を止めて我慢するというトレーニングです。

 

最初のうちは我慢できなくて精液が漏れるように出てくることがありますが、少しずつ慣れて我慢できるようになりますし、どれくらいで刺激を止めれば射精しないかが分かってきます。

 

このトレーニングはセックスで試すのは難しいですしパートナーに迷惑をかけてしまうのでオナニーで試すようにしましょう。

 

他には射精寸前で他事を考えることも有効な手段です。

 

脳に快感が伝わることで射精中枢が命令を出して射精に至りますが、脳に快感を伝えないようにすることで射精を遅らせることも可能です。

 

例えば仕事のことを考えてみたり嫌いな上司の顔を思い浮かべたりするのも良いでしょう。

 

簡単に言えばセックスとは全く関係ないことを考えて紛らわすということです。

 

このような方法で、いきなり早漏が改善できるわけではありませんのでコツコツ続けて頑張っていきましょう。

 

 

好きな女性、本気の女性が相手だと、男は早くなる?

 

好きな女性とセックスできるのは最高に嬉しいことです。

 

本気で好きな女性とセックスできるということは男にとって幸せなことですし、その女性も自分のことを本気で好きなら更に嬉しくて幸せを感じます。

 

では、好きな女性や本気の女性が相手だと男は早くなるのでしょうか?

 

それは人それぞれと言えるのではないでしょうか。

 

本気の女性が相手だと興奮しすぎて早く射精する人もいれば、嫌われたくないから満足させようとして逆に慎重になって頑張る人もいます。

 

確かに愛のあるセックスの方が快感を得やすいですし、パートナーの濡れ具合もすごくなりますので気持ち良いセックスができます。

 

だから、どちらかと言えば早くなる男の方が多いかもしれません。

 

また、緊張し過ぎることによって心因性早漏で早くなることもあり、早く射精しないように緊張すると焦って逆に早く射精することもあるので注意が必要です。

 

好きな女性を満足させたいという思いやる気持ちは分かりますし、早く射精して恥ずかしい思いをしたくないという気持ちも分かりますが、冷静になって感情をコントロールすることが大切ですので、好きな女性が相手でも冷静になって自分を上手くコントロールしましょう。

 

 

遅い男(普通の男性)とは何が違うのか?

 

早漏の男性と普通の男性の違いは包茎が関係することもあります。

 

包茎は亀頭部分が刺激に弱いので早漏になりやすいですし、実際に包茎の男性の中には早漏がたくさんいます。

 

亀頭の感度が良ければ早漏になるのは当たり前とも言えます。

 

また、射精が遅い人の多くは包茎ではありませんし、普段から下着などによる摩擦で刺激に慣れていますのでパートナーの膣による刺激でも大丈夫なのです。

 

もし、早漏の人で包茎という人は包茎手術を受けて改善すれば早漏も改善しやすくなりますので、勇気はいりますがクリニックなどで包茎手術を受けてみてはいかがでしょうか。

 

そして、包茎も早漏も改善してセックスを楽しんでみてください。

 

包茎手術の美しさ口コミNo1クリニック!