中年の早漏も治るのか? どの程度早いと早漏?

中年の早漏も治るのか? どの程度早いと早漏?

中年 早漏

 

早漏というと、性体験の少ない10代、20代男性の悩みと思いがちですが、近年では中年男性の間で早漏に悩む人が増加しているというのです。中年男性の中には、勃起して性交してもなかなか発射できずに挙げ句の果てには中折れしてしまうという人もいるのですから、そういう人に比べると早漏というのはそれほど悪いことではなく、中年男性にとってはうらやましいことのように思います。

 

しかし、早漏の中年男性にとっては切実な悩みなのです。中年男性の早漏には、射精閉鎖筋の衰えによる早漏が多いとされています。これは、筋肉の衰えによるもので、顕著な例としてはおしっこの切れが悪くなる現象が目安となります。射精閉鎖筋が衰えると射精を止めることが困難になって結果的に早漏となってしまうのです。これは筋力トレーニングなどで克服することができるので、是非とも試したいところです。

 

一般的に早漏というと、定義としては性交時に1分以内に射精してしまうこととされています。もっとも、性交できればいいのですが、性交する前の勃起の段階で射精してしまう人もいるというのですから、早漏の悩みもかなり申告と言ってもいいでしょう。このような場合はやはり筋トレしかないということになりますね。

 

 

経験の少ない中高年者の場合、どんな早漏克服方法がある?

 

早漏の原因として、セックスの経験値が少ないことが関係しているというのは、間違いないでしょう。それは、セックスの経験がなかったり経験の浅い男性に早漏の傾向が多く見られるからです。そして、早漏というと性体験の少ない若者のイメージが強いのですが、現在では中高年者の早漏が増えているのです。

 

中年 SEX経験

 

性体験が少ないということは、ペニスが刺激に慣れていないということがあります。マスターベーションの刺激と性体験で得ることの刺激は全く違いますから、セックスに慣れていないと、いつもとは違った刺激に興奮してすぐに射精してしまうということになるのです。
一般的に早漏というのは、性交して1分以内の射精のことを言っていますが、これが2,3分でも十分に早漏と言えます。

 

それでは、早漏を克服するにはどのような方法があるのでしょうか。一番には性体験を十分にこなすことです。セックスの回数が早漏回復には一番の薬となるのです。セックスによる刺激が強すぎて早漏になるのですから、それを克服するには同じセックスの回数をこなす必要があるということですね。
また、仮性包茎の場合は刺激に敏感になっているので、それも大事な問題ですから、克服しておくといいでしょう。

 

中年の包茎はすぐに手術

 

包茎手術というのは10代のこれから性体験を行うという若者がするものだというイメージが先行しています。しかし、40代50代といった中年男性の包茎手術も増えているのです。実際問題として、中年になっての包茎手術となるとそれまでの性体験はどうしていたのかという疑問も出てきます。

 

それでも、包茎というのはその必要に迫られないとできないものでもあります。現在は、男性の性体験のない人が増えているという現実的な問題があるのです。ですから、若いときに包茎というのがわかっていても、性体験がないので、実際に包茎ということで困ることがなかったという現実問題があるのです。もっとも包茎は包茎でも真性包茎でしたら、あらゆる面で問題になるので、これは性体験に関係なく包茎手術をしたほうがいいでしょう。

 

問題となっているのが仮性包茎です。これは勃起したときには皮が剥けているのでそれほど問題にはならないように思えますが、平常時では皮を被っているので、カスが溜まりやすく性交時に女性に不快感を与えてしまうのです。
ですから、中年になって包茎が治っていない場合でもいずれは結婚という選択肢もあります。晩婚化が進んでいる現在だからこそ、これからの性交渉の前準備として包茎をしっかりと治しておく必要があるのです。

 

おすすめはこちら=包茎治療なら川崎中央クリニック

 

包茎手術の美しさ口コミNo1クリニック!