自分の子供が包茎だったら?

自分の子供が包茎だったら? 子供の包茎は治療すべき?

子供の包茎

 

自分の子供が包茎だったら・・これは悩む親御さんも多いことでしょう。包茎といっても赤ちゃんのころは誰でも包茎です。それが大きくなるにつれて自然とペニスが露出してくるのですが、そのペニスが露出してこないことを包茎と呼んでいます。勃起する年頃になって、皮が剥けてくるといいのですが、勃起してもそのまま皮を被ったままという包茎は、真性包茎とされています。

 

勃起して、皮が剥けるのは仮性包茎と呼ばれていて、これでも包茎は包茎なのですが、まだ大丈夫と言えます。深刻なのは真性包茎です。これでは、子供の時分はまだ良いとしても、将来的に困ってしまうでしょう。現実問題として性交渉ができないということになるからです。

 

乳幼児の頃は親が剥いてあげるのですが、それ以降になるとやはり自分自身で剥くようにしなくてはいけません。
中学高校で真性包茎という場合であれば、就学中に包茎手術をしておいたほうがいいでしょう。できれば、高校を卒業するタイミングまでに処置をしておきたいところです。
高校を卒業して、社会人にあるいは大学生になるということは社会人になるということですから、親の庇護を離れるときでもあります。ですから、親の責任としては高校を卒業するまでには包茎手術をさせておきたいところなのです。

 

 

包茎治療は何歳からが最適?

 

日本人男性の7割ほどが包茎だとされています。ですので、包茎手術を考えている人も多いのが現実です。包茎手術はできれば早いほうがいいのでは・・そう考える人も少なくないでしょう。しかし、乳幼児のほとんどが包茎ということを考えると、成長の過程で包茎が治ることが期待できます。実際に多くの人が包茎を克服しているのです。
それには親の手助けも必要でしょう。子供のときから剥くための努力を惜しまないようにするのです。
もっとも、そうすることである程度、包茎が治る治らないの判断をつけることができます。

 

そこで、ゆくゆくは包茎手術をしなくてはいけないという判断になるのです。
それでは、包茎手術というのは何歳くらいが最適なのでしょうか。
実際には、包茎手術というのは何歳からでも受けることができます。未成年者の場合が多いですから、保護者の同意書が必要になるのは当然です。
もっとも、10代というのは成長過程にありますから、ペニスがどんどん大きくなって包茎を克服することも十分に考えられます。ですから、成長期を脱した高校卒業時を一つの包茎手術のタイミングの目安と考えていいでしょう。
それ以降になると、なかなか手術をするタイミングが図れなくなることが多いからです。

 

 

子供の包茎手術代は親が出すべき?

 

包茎というのは、ペニスの先端の包皮口が狭いために、包皮を剥くことでペニスを完全に露出できない状態のことをいいます。包茎にも仮性包茎と真性包茎があるのですが、いずれにしても乳幼児ではほとんどが包茎で、成長する段階で自然と包茎が解消していくのです。もっともそれは理想的な形で、半数以上は包茎のままという調査結果もあります。

 

子供の包茎手術

 

それではどうしたらいいのかというと、包茎手術をすることになりますし、自分自身でケアをすることで包茎を解消することができます。もっとも、セルフケアで包茎を解消できない場合は、包茎手術ということになります。その包茎手術をするタイミングですが、親としては早く手術をしてあげたいと考えるものです。
しかし、成長過程にある子供のときは、成長によって包茎が解消されることもあるので、なかなか決心がつきません。それでも、中学、高校のときまでには包茎手術の決断をしなくてはいけないときがやってきます。

 

包茎手術にかかる費用ですが、これは当然親が負担するべきものです。手術に関しては、未成年の場合は親の同意書が必要になりますし、子供だけでは包茎手術の費用の負担は難しいでしょう。
保護者という観点からも親が費用の負担をするのは当然です。

 

包茎手術の美しさ口コミNo1クリニック!