無視できない早漏と不妊の関係

無視できない早漏と不妊の関係

「がんばっているけど、子供でできない…」赤ちゃんは天からのさずかりものと言いますが、何年もできないとなるとどうしても気になってしまいます。

 

妊娠をしない原因というのは、女性だけにあるわけではありません。

 

男性が原因での不妊は何と48%もの割合であるとされているのです。

 

その割合も年々増加傾向にあるということです。

 

 

男性不妊とはどういったものでしょうか

 

不妊の定義とは、「避妊をしていない夫婦が継続的に性行為を行っているにも関わらず、2年が経過しても妊娠しない状態」ということです。

 

しかし、不妊症の原因は母体側だけの問題ではない場合が多いのです。

 

前述したように男性側に原因があるのが半数ということですから、女性にだけ責任があるというのはまったくの間違いということになります。

 

世界保健機関(WHO)が7,273カップルを対象に行った、不妊症の原因に関する調査結果があります。

 

それによると、男性原因のみが24%、男女に原因ありが24%、女性原因のみが41%、そして原因不明11%と分けられたのです。

 

つまり、不妊で悩むカップルのおおよそ48%は男性にも原因があるといいうことです。

 

このような男性に不妊の原因があることを「男性不妊」と位置づけています。

 

そして、さまざまな生殖障害の総称として扱われるようになったのです。

 

 

早漏は不妊と関係がある?

 

早漏は精液自体には特に問題がないので、男性不妊とはされていません。

 

しかし、早漏ということ自体に問題があることが多いのです。

 

というのも、男性が早漏という症状がショックで自信をなくしてしまうケースが多いのです。

 

それによってセックスに前向きになれないということです。

 

早漏が、夫婦関係に影を落としてしまうことにもつながるということですね。

 

妊活中のご夫婦にとっては、やはり見逃せない悩みのひとつとなっているのです。

 

 

包茎は不妊の原因になる?

 

包茎は基本的に不妊とは無関係です。

 

しかし、時と場合によっては影響をあたえてしまうこともあります。

 

それでは、どのような場合に包茎が不妊に影響をあたえてしまうのでしょうか。

 

 

包茎と不妊の関係

 

包茎の場合、不妊に関連があるのは性交渉を行っている時に問題が出る場合です。

 

カントン包茎や真性包茎では、包皮がむけない場合、勃起した時に痛みが出ます。

 

強い痛みの場合、性交渉に支障をきたしてしまうこともあるでしょう。

 

膣内に挿入できたとしても射精までに至らないことも考えられるのです。

 

また、そもそも性行為自体が行えない可能性もあります。

 

その場合には不妊の可能性が出てくるということです。

 

さらに性感染症の問題もあるのです。

 

包茎は、細菌が繁殖しやすい環境にあります。

 

そうなると、性感染症の原因の細菌も増えてしまうのです。

 

包皮で亀頭が包まれているので粘膜が柔らかくなり傷がつきやすくなります。

 

細かい傷が増えてしまうとそれだけで細菌感染の機会も増えるということです。

 

性感染症の中でもクラミジアなどは女性に感染させてしまうことで女性の不妊につながることにもなりかねません。

 

割合こそ少ないのですが、男性の輸精管にダメージをあたえてしまうこともあります。

 

そうなると、男性の不妊を起こしてしまう可能性もあるのです。

 

一概に包茎だからといって必ず不妊になるわけではないでしょう。

 

性交渉を行う時に問題が出たり、性感染症に感染したりしない限りはそれほど神経質になることもありません。

 

方形が原因で不妊になる可能性は低いので大げさに心配する必要はないといえます。

 

もし不安なことがある場合でしたら、泌尿器科などの専門のドクターに相談するようにしましょう。

 

 

妊活中の包茎男性は包茎手術で多くのメリットが得られる

 

包茎手術を行うと性欲が増すというよりも、セックスに対して自信がつくことが大きいのです。

 

これまで、セックスに対して積極的にではなかったとしても、包茎手術をすることで積極的にセックスができるようになるでしょう。

 

いうなれば男性の自信回復ということです。

 

そうなると、必然的にセックス回数が増していきます。

 

それまで不妊であってことも解消に向かうのは間違いありません。

 

セックスの回数が増えるのですから、妊娠の可能性が高まるということですね。

 

包茎手術の美しさ口コミNo1クリニック!