早漏を改善する方法

自力で治す!切実な早漏を改善する方法

早漏を改善するには、まず自分が早漏なのか?早漏ならばどの程度の症状なのか?を知る必要があります。

 

まずはそこから確認しましょう。

 

早漏は男性にとって非常に深刻な性的な悩みです。

 

この早漏とは早く射精してしまうことです。

 

パートナーとのセックスで膣内に挿入後、すぐに射精してしまいますが、そのパートナーは満足できない状態でセックスが終わってしまうので欲求不満になってしまうことがあります。

 

早漏 女性の意見

 

男性は好きで早漏になるわけではありません。

 

様々な原因によって引き起ってしまいますので本人もどうして良いのか分からなくなります。

 

射精したくないのに我慢できなかったりコントロールできなかったりするので本人が1番悔しくて悲しいものです。

 

早漏 惨め

 

また、早漏は早く漏れると書かれるように、自分の意志とは関係なく精液が漏れてしまいます。

 

挿入後、すぐに射精してしまう人もいれば、挿入する前に精液が漏れるように射精してしまう人もいますが、一般的には挿入してから射精までの時間が短いことを早漏と言いますので、挿入前に射精してしまう人は早漏と呼ばないと言われています。

 

こうした深刻な悩みの早漏は、自信を無くすだけでなくパートナーをガッカリさせたり欲求不満にさせてしまいますので、精力剤を飲んでセックスの回数を増やし、早漏という弱点をカバーするのも良いでしょう。

 

 

どの位早いと早漏なのか

 

早漏と言ってもどの位の早さで射精してしまうのが早漏なのでしょうか?

 

実は早漏には日本で明確な定義がないのです。

 

膣に挿入後、1分で射精しても2分や3分で射精しても早漏という可能性はあります。

 

しかし、海外の国際性機能学会によると、挿入後1分以内で射精してしまうことや射精を遅らせることができないこと、それにWHOのレポートでは両者が性的関係を楽しむために十分な射精コントロールができないこととされています。

 

はっきり言って曖昧ですが、解釈の仕方次第ではパートナーが満足すれば早漏とは言えないでしょう。

 

早漏 不満

 

たとえ3分で射精してもパートナーがオーガズムに達していれば早漏とは考えられません。

 

これという明確な定義がないのであれば、基準は全て女性次第とも言えるでしょう。

 

ですが、現実的に女性が3分くらいでオーガズムに達するのはすごく稀なことですので、10分くらい射精を我慢できるようにならないと満足させることは厳しいでしょう。

 

あるセラピストは「射精をコントロールできなければ全て早漏である」ということを述べています。

 

コントロールとは簡単に言えば我慢することです。

 

射精しそうになった時、我慢できるようになれば良いのですが、それは簡単なことではありませんよね。

 

だったら、一層のこと早くても良いので回数をこなすのも良いのではないでしょうか。

 

ある程度信頼関係のあるパートナー同士であれば回数で満足させることは可能ですし、この回数をこなしていくうちに我慢が効くようになるというメリットもあります。

 

精力絶倫

 

回数をこなすのに最も適しているのは強力な精力剤です。

 

マカやクラチャイダムの登場から、現在は精力剤の効力がとても強化されています。しかもマカもクラチャイダムも天然成分ですので体にやさしく副作用もありません。

 

効果的な精力剤の詳細はこちらを御覧ください=精力増強剤おすすめランキング

 

 

早漏の人はとても多い

 

日本人男性の早漏は多いとされています。

 

これは、ある調査結果から分かったことで、2人に1人の割合で早漏になっているという結果があります。

 

この調査は挿入後の射精までの時間を調査した結果に基づいて出されたもので、射精まで3分以下という男性が多くいたようです。

 

早漏 1分

 

また、9分以上という人は全体の2割くらいしかおらず、全体の8割は9分以下ということになります。

 

自分だけではないんだ、と安心する人もいるでしょうが、決して安心できることではありません。

 

自分のパートナーが満足していないのには変わりありませんので、早漏を克服するか回数で勝負するかなどの対策を考えなければいけません。

 

そこで、早漏で悩む多くの人に良い方法が精力剤です。

 

精力剤を飲んでセックスの回数を増やせば早漏をカバーできることもあります。

 

例えば1回のセックスで3分くらいで射精する人は3回頑張れば9分になりますので、これくらいの時間があれば満足させることができるでしょう。

 

あまりにひどい早漏の場合は、少しでも遅らせる事ができる製品を試すのもいいかもしれません。これはあくまでその場しのぎでしか無いので個人的にはおすすめしませんが、藁をも掴むお気持ちの方は一度お試しになるのも良いかと思います。
こちらから=人気の早漏防止薬

 

 

まず早漏の原因を突き止めよう

 

早漏は何一つ良いことがありませんので、早漏になってしまうと様々なことでマイナスになってしまいます。

 

特にパートナーとのセックスではガッカリさせてしまいますし、満足させられずに欲求不満にさせてしまいます。

 

早漏 最低

 

こうした早漏の原因は一体何でしょうか?

 

その原因には包茎やオナニー、精神面や加齢などがあります。

 

オナニーが早漏の原因になるのは短時間で射精することに慣れてしまうからです。

 

脳が短時間の射精に慣れてしまうとオナニーだけでなくセックスの時も短時間で射精するようになってしまいます。

 

オナニー方法について=早漏改善効果のあるオナニー方法

 

精神面が原因になるのは、過去に失敗したことやプレッシャー、脳が敏感になり過ぎることなどがあります。

 

早漏 プレッシャー

 

過去に早すぎる射精で恥ずかしい思いや悔しい思いをしたことがあると、それがトラウマのように脳に残ってしまいプレッシャーや焦りから早漏になることもあります。

 

また、興奮や緊張を強くする交感神経の働きが活発になることも早漏の原因になります。

 

副交感神経はリラックスさせる働きがありますので、交感神経より副交感神経のほうが活発になると射精を遅らせることが可能です。

 

この精神面が原因となる早漏は心因性早漏と呼ばれており、主に若年層の男性に多くみられます。

 

加齢が原因となる早漏は衰弱性早漏とされており、射精管閉鎖筋の筋力低下によって起こります。

 

この筋肉が弱まると射精をコントロールできなくなり、我慢できなくなって精液が漏れるように射精してしまうことがあります。

 

包茎が早漏の原因になるのは刺激に弱いからです。

 

普段、亀頭に包皮が被っていることで刺激を受けないのですが、セックスの時はピストン運動するたびに亀頭は露出して刺激を受けます。

 

その刺激が強すぎて敏感になっている亀頭が感じすぎてしまい早漏になってしまいます。

 

 

早漏率がとても高い包茎

 

包茎の方の早漏率は桁違いに高くなっています。

 

理由は亀頭への刺激が強いからです。

 

早漏 包茎

 

包茎は通常時、亀頭に包皮が覆い被さっていますので外部から刺激をあまり受けることがありません。

 

しかし、勃起すると皮が剥けて亀頭が露出し、その亀頭は刺激を受けることになります。

 

そして、刺激に慣れていない亀頭は強い刺激を受けることによって敏感になり、射精をコントロールできなくなって早漏になってしまいます。

 

簡単に言えば刺激に耐えきれずに精液が漏れるように射精してしまうのです。

 

これは仮性包茎の場合によくみられることで、包皮が剥けない真性包茎の場合はあまりみられないと言われています。

 

包茎と早漏は直接的な因果関係はありませんが、こうした間接的な要因は大きく影響していると考えられます。

 

今現在、包茎による早漏で悩んでいる人は解決方法として手術を受けることが最も良いとされています。

 

包茎手術を受けることによって常に亀頭を露出させることができ、普段から刺激に慣れさせることで早漏を改善することも可能だからです。

 


包茎は早漏になりやすいという大きなデメリットがあり、包茎のうちは早漏を改善することもほぼ不可能です。ですが反対に包茎さえ治してしまえば、大した時間も必要なく早漏も治ってしまいます。そしてなにより包茎は仮性・真性問わずとても見た目が悪いです。さらに女性からは不潔と嫌がられ、影で笑われることさえあります。

早漏 恥ずかしい

ですがこれも手術してしまえば解決です。よく包茎手術は手術跡が〜などと言う方もいますが、包茎に比べれば断然マシ、いや恥ずかしさのレベルで言えば比較になりません。包茎で早漏の方はなるべく早めに手術を受けることをおすすめします。それで本当に人生が変わりますから!
包茎手術に関してはこちらをご参考に=早漏の原因、包茎

 

 仮性包茎にメリット無し!
最近、仮性包茎なら放置しておいたほうが良いという説があるようです。ですが仮性包茎にはハッキリ言ってメリットなんて皆無です!
仮性であろうが真性であろうが、包茎は見た目が恥ずかしく自分に自身が持てないという巨大なデメリットがあります。さらに包茎により亀頭の発育が阻害され短小化する傾向にあります。
もちろん包茎さえ治してしまえば亀頭は普通に発育します。仮性包茎でも自信を取り戻すたにすぐに手術をおすすめします!
詳細は=仮性包茎は治してはいけない?

 

 

若いうちは誰でも早漏気味、でも改善策は今すぐに!

 

若い男性の多くは早漏と言われています。

 

これには理由があり、セックスの経験が少ないことや過剰な興奮や期待が挙げられます。

 

経験が少ないとペニスへの刺激も少ないということになります。

 

ですので、感じたことのない刺激をセックスで受けることによって敏感になり、思っていたよりも射精が早くなってしまうのです。

 

また、若いうちは頻繁にオナニーをしますので、オナニーに慣れてしまってセックスでは上手くコントロールできなくなることもできます。

 

若いうちはセックスに過剰な興奮を覚えてしまい、その興奮によってドーパミンやアドレナリンが過剰に分泌されます。

 

これによって交感神経が活発になって早漏気味なるのです。

 

若いうちは興奮や経験不足は仕方がないと言えますので、早漏気味の人は精力剤を飲んでセックスの回数を増やした方が良いでしょう。

 

また包茎の場合はすぐに手術をうけること。包茎が治ればすぐに亀頭が鍛えられるので、まず刺激に強くなりますし、今まで皮の中に押し込められていた亀頭が露出することで短期間での増大効果も見込めます。さらに亀頭部が清潔に保たれるので異臭がする事もなくなります。

 

包茎手術はまさにいい事ずくめですので、経済的な問題が解決できればすぐに行動を起こしましょう。

 

おすすめの病院は=包茎手術の費用

 

そう考えると、包茎ではないのに早漏の方のほうが厄介といえるかもしれません。

 

ですが経験と精力でカバーしてください!がんばりましょう!!

 

包茎手術の美しさ口コミNo1クリニック!