切らない包茎手術

切らない包茎手術とは?

切らない手術はいくつかの方法があります。

 

その中でも現在最も主流になっているのが亀頭増大手術という方法です。

 

この亀頭増大法はヒアルロン酸をはじめアクアミド、バイオアルカミドなどの人体に無害な物質を注射する方法です。

 

亀頭に注入して増大させる事で皮が剥けやすく、剥けた状態から戻りにくくなるというものです。

 

切らなくても治せる手術は痛くないというイメージを抱いている人も多いでしょう。

 

しかし、この方法は亀頭に注射針を刺します。

 

必要に応じて麻酔も打つので手術を行う時点で多少の痛みがあるのです。

 

ただし、メスを入れていないので術後の痛みはずっと少なくて済みます。

 

すぐにいつもどおりの日常生活に戻れるというメリットがあるのです。

 

 

もう一つ代表的な切らない包茎手術がノンカット法と呼ばれる方法です。

 

これは、医療用の糸を使って皮を剥けた状態に引っ張り固定する方法なのです。

 

上手く行けば仕上がりが非常に自然で既存の素材を活かす方法です。

 

しかし、上手に皮が剥けた状態で癖が付かないと、手術をしても効果が出ない場合もあります。

 

近年では需要が少なくなりましたが、医療用の接着剤を使って、皮が剥けた状態で固定する方法もあります。

 

こちらも皮が剥けた状態で癖が付くかがポイントになってくるのです。

 

 

切らない手術はどこで受けられる?

 

切らない手術は、包茎治療を専門にしている美容クリニックなどで受ける事ができます。

 

全てのクリニックで取り扱いがある訳ではありません。

 

最近では8割方の美容クリニックで何かしらの「切らない手術」を扱っているようです。

 

オススメは↓


 

切らない包茎手術のメリット

 

切らない手術のメリットは、料金が安く傷跡が残りにくいことです。

 

さらに、術後もすぐに回復します。

 

これによって、精神的な負担や不安が少ないのです。

 

切る包茎手術と比較すれば、メリットが多いように感じるでしょう。

 

それでも多くの美容クリニックなどでは、切らない手術を受ける人はごく少数派です。

 

方法は様々なのですが、切らない手術はどの方法でも共通して言えるのが、重度の仮性包茎や真性包茎などには利用できないといった欠点があるのです。

 

仮性包茎であれば手術を受ける事自体はできます。

 

しかし、皮を丸ごと被っているなど重度の人なら、効果が出ない可能性が高いです。

 

切らない手術は注射や縫合などを利用します。

 

これは、あくまでもメスを利用した手術ではなくて治療に近い考え方といってもいいでしょう。

 

通常の切る手術は、手術を受ければ必ず効果が出ます。

 

しかし、切らない手術は軽度の仮性包茎の人でも効果が出ない場合があります。

 

実際に患者の満足度があまり高くありません。

 

といったことで、クレームも多いのが実情です。

 

このことから、クリニックも切らない手術をあまり推奨していないのが実情といったところです。

 

 

実際にはほとんど行われていない・・

 

切らない手術は実際に存在しています。

 

そして、種類や取り扱うクリニックの数は増加傾向にあるのです。

 

しかし、効果が出ないという側面もあり、簡単ではありながらクレームもまた多くなるのが現状です。

 

あくまでも効果があるのは一部の軽度の仮性包茎の人のみなのです。

 

ですから、切る包茎手術とは違って効果が出る事を保証するものではありません。

 

包茎治療の費用が安かったり、術後の痛みがないなど魅力的な要素も多いのですが、包茎はそんな簡単に治せる症状ではないというのが現実なのです。

 

 

重度の仮性包茎で、切らない手術で簡単に治したいと思っている人も多いことでしょう。

 

しかし、重度であれば切らない手術という選択肢はありません。

 

切る手術を念頭に置いて検討したほうがよいでしょう。

 

切らない包茎手術は、ごく軽い仮性包茎にしか出来ません。

 

そして、そういった該当者はとても少ないのが現状のようです。

 

通常の仮性包茎にこの手術をしても、再び皮が伸びて包茎状態になってしまうのです。

 

以上のことから、切る手術のほうが確実に治るということですね。

 

包茎手術の美しさ口コミNo1クリニック!